機関車の歴史

機関車の豆知識

機関車の歴史を振り返ろう

蒸気機関車の歴史は明治時代までさかのぼります。
しかも当時は輸入品だったそうです。
ようやく大正時代で国産へと切り替わるようになり、以降は製造技術の向上に伴い、本格的な量産が始まりました。
プレートが機体に取り付けられていますが、これは車両の名称、形式、番号の付け方などで構成されております。
しっかりと決められたルールになっています。
あとはよくSLという言葉を聞かれると思いますが、SはSteam(スチーム)のイニシャルです。
LはLocomotive(ロコモーション)の意味だそうです。
動く仕組みに関しては、蒸気のエネルギーを運動エネルギーに変換して、水蒸気の力を利用して走行する仕組みです。
列車の先端にはヘッドライトとテールライトが存在しておりますが、これは実は標識なんです。
呼び名もあり、ヘッドライトは前部標識、テールライトは後部標識と呼びます。
このライトは暗い場所で明るくするのがライトの役目だと思われがちですが、列車の場合はあくまで標識代わりです。
この標識は駅員や保守作業員、もしくはホームにいる乗客に、存在の有無の確認や、連結された車両群が列車として組成されていること、列車の位置、進行方向を伝えるためにあるといわれています。

日本の機関車についての概要と歴史

機関車とは鉄道車両の中の種類の一つで、比較的初期に制作された車両です。
定義は車両の中に動力源を有しており、他者を牽引または後ろから押してレールと呼ばれる線路を運転走行する車両の事を指します。
一般的には荷物や商品等を積み込んだ貨物車両や乗客が乗車している客車を牽引する車両です。
また駆動方式も蒸気によるものとガス、電気で駆動する車両もあります。
最初に日本に鉄道車両が登場したのが1872年であり明治政府が発足したばかりであったためノウハウや技術がほぼ皆無であったためイギリスから輸入する形で鉄道第一号が誕生しました。
基本的にはイギリス様式の鉄道でありましたが各地ではドイツ様式やアメリカ様式を取り入れる所もあり、着実に国産化に向けての動きが全国で見られていきます。
鉄道の発展は近代化を目指す日本にとっては必要不可欠な案件であったため国を挙げての急務となり政府はもちろんの事、民間での車両工業に勃興を促すために大阪や名古屋等に鉄道製造会社を設立させて積極的な動きをしていきました、そして約20年後の1893年、鉄道庁神戸工場にてイギリス人の鉄道技術者の指揮の下、日本国産第1号である860形が誕生し現在も続く日本の鉄道はこうして始まりました。



recommend


素材を厳選した家づくりを行います。


米子で新築を建てるなら


経験とノウハウを生かし、スピード解決いたします。


神奈川で空き家の買取なら


日本酒の通販


Last update:2022/5/26

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>

Copyright (C)2009 機関車の豆知識.All Right Reserved.